日本ボーイスカウト埼玉県連盟

ごあいさつ

連盟長

連盟長 上田清司

こんにちは!埼玉県知事の上田清司です。

1907年にイギリスで始まったボーイスカウト運動は、今では世界151か国に広まっています。本県でもボーイスカウト埼玉県連盟が1949年に発足し、以来活動の輪を広げ、間もなく70周年を迎えます。この間、青少年の健やかな成長を願い、自然の中での様々な体験活動や、東日本大震災復興支援活動をはじめとする奉仕活動などに取り組んでまいりました。
私は平成16年度から連盟長としてこの運動に携わってまいりましたが、スカウトたちが制服に身を包み、様々な分野で活躍する姿を見ると誠に頼もしく思います。
埼玉県では子どもを鍛え、次代を担う人材を育成することを基本目標として、青少年の体験活動、いじめ・不登校対策、非行防止対策などの取組を積極的に推進しております。
私は連盟長として、これからもボーイスカウト運動を通じて、青少年の健全な育成に全力で取り組んでまいります。
県民の皆様の御支援と御協力を心からお願い申し上げます。

理事長

理事長 牛山佳久

ようこそ!ボーイスカウト埼玉県連盟へ

埼玉県連盟は、1949年に設立され現在約7,000名以上のメンバーが県内各地で活動しています。 ボーイスカウト活動は歴史の古い青少年教育団体(約100年)ですが、昔から一貫して変わらない重要な目標があります。

それは、一人ひとりの子ども(スカウト)を大切にすること、自分の持っている素晴らしい“生きる力”を、周囲の仲間との協力や大人(指導者)の支えによって、より良く伸ばしていくことに重点を置いていることです。

人間は生まれながらにして、すべて平等と良く言われます。一人ひとりの持つ人間として持つ資質や能力は、全て平等に備わっていると私達は考えています。 ですから、仲間の子ども(スカウト)や大人(指導者)との自然を中心とした様々な活動を体験することで、自分の持って生まれた資質や能力が上手に引き出され、そして社会に役立つ人材として、更に未来を支える世代として、自ら育み成長していくことがスカウト活動の重要な目標と考えています。 どうぞ、スカウト活動に関心をお持ち頂き、未来を支える世代の育成に注目して頂きたいと思います。

お問い合わせはこちら
ページトップへ